ステップ2

【具体的トレーニング内容】
骨盤の動きや捻り動作を意識したコアコンディショニング。ダイナミックストレッチ。
バランスボールやバランスディスク、ストレッチポールを使用した身体全体の協調性のトレーニングなど。
ゆったりとした大きな動きを自重で行ったり、本気で伸ばして縮めたりするストレッチが中心です。







【POINT & ADVICE】
身体に不具合が出ると「加齢のせい」で片付けてしまいがちですが、本当にそうでしょうか?
例えば『肌』。肌老化の原因は80 ~ 90%が紫外線による光老化であり、加齢による肌老化は10 ~ 20%に過ぎません。ですから美肌志向の女性はUV カットの化粧品や日傘を使用し、肌の変性や酸化や乾燥などを防ぐよう日々努力しています。その努力の差を実感している女性は多いのではないでしょうか?

身体の不具合についても同じようなことが言えます。つまり加齢による不具合は20%程度で、あとは『身体を放置し過ぎたせい』による不具合です。
ですから、スキンケア同様、身体も日々メンテナンスが必要なのです。
「何もしないのに痛くなった」という人もいらっしゃいますが、「何もしないから痛くなってしまった」のです。
デスクワークや立ちっぱなしの仕事、また、体の一部分に負担のかかるような運動で同じ動作を繰り返していると、どうしても同じ筋肉、関節にストレスがかかります。それを放置しておくと、当然、痛みや違和感として身体はSOS 信号を送ってきます。その信号を無視せずに、その日のストレスはその日の内にリセットしてやるのが理想的です。


>>メソッドトップへ