健美食

ダイエット食とか、健康的な食事と聞くと、質素なイメージを持たれるかも知れませんが、そんなことはありません。選ぶ食材や調理法を考えれば、和食でも洋食でも、どんな料理だって健美食に仕上げられるのです。「チキンだけ食べていれば痩せます」とか「炭水化物は完全にカットします」といった極論には走りません。味付けや彩りに乏しい栄養素のことしか考えていないような頭でっかちな食事の指導はいたしません。料理教室や食事会も開催するシェフの一面を併せ持つトレーナーとして、実践的で見た目に美しく、勿論美味しい健美食を常食していただけるようご指導いたします。

>>クックパッドでレシピ公開中







【POINT & ADVICE】
人間が体内では作ることができず、食品から摂らないと健康を維持できない栄養素として必須アミノ酸と必須脂肪酸があります。それに、身体を動かし、脳のエネルギー源となる炭水化物を加えたモノを3 大栄養素と呼びます。また体内で行われている様々な運動や反応を円滑に行うために必要なのが、ビタミンとミネラルで、3 大栄養素にこの2つを加え5大栄養素と呼びます。

さらに近年、細胞の酸化や糖化を防いだり、生活習慣病の予防に役立ったりするような様々な成分が発見されており、それらを総じてフェイトケミカルと呼び、第6の栄養素として位置づけられています。

生西はそれに加え、体内のあらゆる反応に必須の「酸素」と「水」を第7、第8の栄養素と定義しています。更に健康を大きく左右する「腸内細菌」を第9の栄養素。同じく健康維持に重要な成分である「酵素」を第10 の栄養素。最後に「香り」を鼻から食べる第11 の栄養素と定義し、心身ともに健康で美しい身体を整えていくには、それら「栄養素イレブン」の活用が必要不可欠だと考えています。


>>メソッドトップへ